競馬というのはいわゆるギャンブルです。
公営ギャンブルでもありますので公的に認められているギャンブルということになります。
ギャンブルというのは基本的に胴元が儲かるように作られているというのは間違いないのですが、楽しむギャンブルというよりも競馬を投資的なアプローチでやってみて利益を出し続け様というようなやり方をするのも投資競馬になります。

投資競馬というのは、極めてデータ的にアプローチしていくものであり、例えばそのジョッキーが好きだからとかその馬が好きだからというような理由で買うわけではないです。
この馬を応援したいとかそういうわけで買う人も競馬を楽しんでいる人の中には多いですがそうではなくね単純にその馬のデータなどを見て決めるというやり方で競馬にアプローチしていくというのが投資競馬になります。

最近の投資競馬の主流としてあるのがAIです。競馬におけるデータというのは実はほとんどの場合、公開データになります。

これまでの馬の実績とかタイム、血統に至るまで基本的にはすべて公開されているデータになります。それこそ調教の具合だってわかります。

具体的に細かくそのですが芝だったのかダートだったのか、右回りだったのか左回りだったのか、誰がその時にジョッキーで乗っていたのかとかあらゆるデータが調べようと思えば調べられます。

しかしそれを全て自分自身で把握しようとすると難しいということになります。そこで活用するのがコンピューターシステムになるわけです。
専用に作られたシステムもありますし、自分自身でプログラムを組んで投資競馬のためのシステムを作る何ていう人もいたりします。

また投資競馬では資金運用に対する考え方などもかなり重要になってきます。資金は有限なわけですから、どのレースにかけてどのレースにかけないようにするのかといったような判断もしなければならないわけです。

どこに行ってはいけないのは当たったが全体として損をするというような賭け方です。
当てることは重要ではあるのですが、当ててもプラスにならない賭け方というのをしないというのが投資競馬の一つの根本的なやり方にもなっています。

これが投資競馬の絶対的なやり方、というのがあるわけではないです。極端な話し、少なからずデータに基づいて行うのであれば投資競馬ともいえるので、意外とその幅は広いことになります。しかし、現在の主流はAIを用いたデータ分析を用いた買い目を探る方法になります。