今やマーケティングの中で重要視されるのは製造業やサービス事業者が自ら提供する公式サイトの情報よりもユーザが実際に利用したシーンをどのように伝えるかに移ってきています。

これを物語るかのように実際に公式ウェブサイトには必ずと言っていいほど腫瘍のSNSが埋め込まれており、場合によっては一方的な情報だけではなくインフルエンサーと呼ばれるようなユーザの体験記や感想などが画像や動画とともにアップロードされる時代になっています。

そしてこれらは全てスマートフォンからアップロードされていることがほとんどです。もちろん、このようなインフルエンサーの方々が影響が強ければ強いほど報酬が得られることになります。これがスマートフォンを活用した副業として非常に有効ではないかといわれています。
実際にYouTubeバーのような方々だけではなく、インフルエンサーの方々は企業から様々な体験をすることによってどのように感想を上げてもらえるかどうかが重要なポイントとして挙げられています。

報酬をもらった上で自らの体験をブログで発信したり、リンクを公式ウェブサイトのSNSに貼り付けたりといった活動を行っています。
わかりやすい所で行けば化粧品や美容品の利用体験を若い女性から高齢の女性までターゲット別に人気のある方々を集めては利用し、その利用体験記をアップロードすることによって商品を口コミマーケティングで広げていくようなマーケティングが当たり前のように繰り返されています。

これまではマスメディアに向けて有名な女優さんやモデルを採用してはテレビシーエムを流すような大規模な広告宣伝が主流でしたが、最近はこのようなマスマーケティングよりもターゲットを絞り、そこに影響力のあるインフルエンサーに利用してもらった上でその体験記をアップロードするようなマーケティングが主流になりつつあります。

もちろん、マスマーケティングとセットで利用されることもありますが、スマートフォンを活用してこのようなインフルエンサーの方々が情報を提供すること、もちろん本業ではなくて副業であっても非常に重要なポイントになってきます。

どんな本業があったとしてもスマートフォンを活用して日々の体験体感をアップロードすることでお金になるのであれば非常に有効であると言えるでしょう。

これからもこのようなマーケティング手法は活用されていくのではないかと思います。