2022年から女性の間で評判を呼んでいる副業がチャットレディーになります。コロナウィルスによって自粛しなければならなくなり、収入が減ったと悩む人もいるのではないでしょうか。このチャットレディーの仕事は在宅で、スマ歩さえあればできる仕事です。ここでは、そんなチャットレディーのメリットについて紹介していきます。

まず、チャットレディーは女性であれば誰でもできます。確かにライブチャットのサイトによっては対象年代がありますので、あまりにも対象年齢から外れている場合はそのライブチャットではなく、他のライブチャットのサービスを探した方が安心です。
しかし、20代の女性を多く集めているサイトもあれば、人妻や熟女を対象としたサイトもありますので、女性であればどんな年齢でも需要があります。会員登録をすれば良いだけで、特に書類審査も面接もありませんからでも落ちる心配がありません。女性であれば誰でも利用できる副業だといえます。

自分の見た目には自信がないからと感じる人もいるかもしれませんが、見た目を気にする必要はありません。
確かに、チャットレディーの中には顔出ししている人もいますが、身バレを防ぐためにも顔の一部は隠している、加工をしている、という女性も珍しくありません。

最近は写真アプリなども発達し、ほくろやニキビなども隠せますし、肌の色も明るく見せたり工夫することができます。写真を撮影する技術は多少必要になりますが、見た目を気にする心配はありません。特に顔出しをしないのであれば、自分の写真をいかに美人に見せるか、その技術こそが大切なのであり、実際の見た目はほとんど関係ありません。

今までの経験やスキルが役に立つともいえます。チャットレディーは男性とメッセージのやりとりをしたり電話をしたりしてお金を稼ぐ副業になりますので、とにかく男性との会話術が重視されます。

そもそも男性とメッセージのやりとりをして、男性に気に入ってもらえなければまず音声通話やビデオ通話には至りません。
メッセージを飛ばして音声通話やビデオ通話をする場合はアダルトな要素が必要になることが多いです。そのため、いきなりアダルトになることに抵抗があるなら、まずはメッセージのやりとりをする必要があります。

男性の中には、一般企業で仕事をする人も多いです。そのため、敬語やマナー、礼儀に厳しい人もいますから、そのような人にも気に入ってもらえるように、しっかりと敬語が使えるように気をつけなければいけません。
女性が自分の仕事で培ったコミュニケーション術などがあるなら、それらが発揮できる場所だと言って良いでしょう。男性の話を聞きながら必要に応じて男性の悩みを理解し、対応していくスキルが求められます。そのため女性が仕事等で得てきた経験も役に立つと言えるのです。