副業TPOのメリットを活かす為には?

スマホがこれだけ普及した世の中では、それを使って色々な副業を行うことができます。
副業TPOなどのサポートを利用する方も増加しており、そういった情報によるメリットを利用しないとなかなか難しいビジネス市場もあるようです。
副業という言うからにはそれとは別の定職(本業)をもっており、そちらに従事している人が行う場合として考えますが、その場合には、それによって得た収入は雑所得という扱いになります。副業では、小規模のうちから経理についてなどの部分も考えておいた方が有利と言えます。
株式会社SKSystemsのTPOの口コミ評判では、そういったスマホ副業のメリットが多い案件ということで、人気の高い案件と言えるでしょう。

副業TPOの口コミ

副業TPOの口コミ・ネットでの評判を見てみるとポジティブな意見が多いようです。
TPOの公式サイトでは、TPOの運営会社である”株式会社SKSystems”その責任者の”川島将司”氏についての情報が明記されているので、怪しいビジネスへの勧誘や架空の詐欺業者といった心配も無用でしょう。

TPOの副業では口コミ評判によるとアルバイト以上の収益を得る人が多いとのことなので、確定申告でもメリットの多い方法で進めていくことを心がけておくと良いでしょう。

副業TPOで注意しておきたいポイント

定職のある人がそれ以外で得た収入は、原則的にこの雑所得か一時所得の二種類のどちらかになり、後者は大きな物を売却した際に得た収入や、契約している保険の払戻金などがそれに当たり、副業は雑所得の方だと考えておいていいでしょう。
この雑所得という扱いになると、年間(1月1日~12月31日)でそれが20万円までの場合には税金の申告が不要です。
よって、本業のある人が行う副業はこの範囲に留めてこそメリットがあると言うことができます。

ですが、20万円を超えてしまったからといって即税金が発生するという性質でもなく、その分(20万円を差し引いた金額)を本業の収入に加算し、所得税や住民税が再計算されることになります。
会社勤めの人の場合、医療費控除などがない年は特に確定申告を行わないという場合も多いと思いますが、20万円を超える雑所得があった時にはそれを行う必要が出てしまうので、やはりそれを意識しておくに越したことはありません。

尚、学生や専業主婦など定職をもっていない人の場合には、33万円がそのラインになります。
例えば、学生がオークションで物を販売して収入を得ているような時がこれに当たります。
衣類や普段の生活に必要になる物を売った場合にはこの限りではなく、収入とする必要はありませんが、趣味に使うような物の時には雑所得に該当するので注意してください。

ネットビジネスではその手軽さゆえに、こういった経理処理を怠ってしまうことも多いようですが、ビジネスが大きくなり、後々税務調査などに入られることも考えられるので、始めのうちから気を付けておくと良いでしょう。

簡単な例では、好きなジャンルのDVDやフィギュアなどは生活に必要という判断にはならない為、1年間で累計して33万円(定職がある人は20万円)を超えてしまうと課税対象となってしまいます。

ただし、必要経費は引くことができるので、5千円で購入した物を1万円で売却したといった時には差額の5千円だけが累計の対象です。

この必要経費として認められる為には、その証拠が必要になります。
ネットで何か物を売ったとすると、その購入時のレシートやネットの購入履歴を印刷したものを申告時に添付しないといけません。
つまり、本業のある人が年間で50万円の雑所得があったとしても、この必要経費が30万円以上掛かっていれば税金の対象とはならない訳です。

副業TPOの評判

実際に利用された方の口コミやそれを開設されているブログなどを調査しました。

副業TPO、AI Keibaなどのサービス、コンテンツでは、問い合わせ窓口で質問等も対応してもらえるようなので、中身が気になるという方も気軽に問い合わせができるということのようです。

副業TPOのトラブル、詐欺・返金事例はある?

副業を行う際にはこれは必ず覚えておきましょう。
サポート面で不安がある場合には、まず運営に問い合わせましょう。そもそもメールやLINEなどで問い合わせができないようなサービスでは、返金や解約の手続きに不安があります。そういった不安は、取り組む前に調べておきましょう。
TPOの口コミ評判では、AI Keibaと並び、それにかける稼働時間とリターンとのコストパフォーマンスが優れた副業を行うことができるという口コミ評判の調査結果となりましたので、これから副業をやっていきたいという方にもおすすめの案件となっています。